トラオ登場!

吉祥寺東急での6日間が終わりました。
ありがとうございました。
6日間、楽しく過ごしました。
今まではイベント最終日翌日もパート勤務だったのですが、さすがに52歳。
いちにち休みます。

今日は、春休みの娘と近所を猫探し。
ウチのぼうたは帰ってこない日々が続いているだけで、居なくなった訳ではありません。
猫の日からまだ3週間経っていません。
昨日はぼうたが帰ってきた夢を見ました。
ぼうたを探すというより猫の声の聞こえなくなったことが心配で猫探しです。
外猫たちが集まっていた場所に行ってみたら、樹が間引きされて、猫がいられる場所がなくなっていました。
人間はどうしてこういうことをするのだろう、と悲しくなりました。
「悲しくてやりきれない」が頭の中で繰り返し聴こえます。

スーパーに寄って買い物をして、神社にお参りに行こうとしたら抜け道を見つけました。
猫が居そうな神社の横の墓地の茂みに猫が居ました!
ぼうたより一回りも大きいトラ猫が茂みに丸くなって寝ています。
しかも通りから寝ている姿は丸見えです。
娘がトラ猫に「あのーすみません!」と声をかけたら、
トラ猫は驚いて起きてすごい顔をしておっとり刀で茂みの奥に逃げて行きました。
どうも娘によると猫の日にぼうたを見かけたときに一緒にいたトラ猫のようでした。
ぼうたはトラ猫を相手にしていないようだったと。
トラ猫はぼうたに戦闘体勢だったと。
!!!
ぼうたは、トラ猫に縄張りを渡したのではないか。
そしてトラ猫はぼうたの息子か孫ではないか。
トラ猫は立派な茶トラで、いい顔をしている。
明らかに野良猫なのに、毛つやもよく太っている。
ぼうたの母親もぼうたが大人になりかけの時に、姿を消して二度と見かけなかった。
ぼうた。自然の法則に従って、どこかへ行ったんだね。
寂しいけど、それがぼうたの、猫の生き方なんだ。
今まで「ぼうたは仕事もしてないのにタダでご飯が食べられていいね」なんて言ってごめんね。
自分の縄張りでは無くなった我が家にはもうぼうたは帰って来られない。
悲しいとか寂しいとかそういうレベルの話ではない。
自然に逆らわない、そういう生き方をほんの少しでも見習わなければ、と思った。

これからは、トラオを応援しよう。
毎日、あの茂みを見に行こう。
神社にもお参りしよう。
流れになるべく逆らわないようにしよう。
トラオ頑張れ。

by b-2nd | 2018-03-07 20:00 | Comments(0)

帽子作りの旅の途中


by 帽子や多帽